2021秋田この1年:衆院選 自民の議席独占崩れる

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
衆院選で当選を決めた(左から)秋田1区の冨樫氏、2区の緑川氏、3区の御法川氏
衆院選で当選を決めた(左から)秋田1区の冨樫氏、2区の緑川氏、3区の御法川氏

 10月31日投開票の衆院選は県内3小選挙区で初の与野党一騎打ちとなった。秋田2区では立憲民主党の緑川貴士氏(36)が自民党の金田勝年氏(72)に3度目の対決で初めて勝利。これにより2012年から続いてきた自民党による議席独占は崩れた。

 「街角でも秋田の代表として期待の声を掛けてもらっている。地元の期待を形にできるよう、地方で活力を持って暮らせるビジョンを打ち出したい」。緑川氏は今月、充実感を漂わせて語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース