2021あきた経済(中)地銀再編 生き残りへ連携強化

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
包括業務提携を結ぶことで合意し、握手する秋田銀行の新谷頭取(右)と岩手銀行の田口幸雄頭取=10月27日、秋田市の秋田銀本店
包括業務提携を結ぶことで合意し、握手する秋田銀行の新谷頭取(右)と岩手銀行の田口幸雄頭取=10月27日、秋田市の秋田銀本店

 秋田銀行と北都銀行は今年、新たな包括業務提携や経営統合に踏み切った。人口減少や超低金利の長期化により、経営環境が厳しくなっていることを受け、他行との連携に活路を見いだした格好だ。新型コロナウイルスの感染拡大で疲弊する地元企業を支えるには、地銀の体力強化が急務となっている。

 最初に動きが表面化したのは、北都銀行。同行と荘内銀行(山形県鶴岡市)を傘下に置くフィデアホールディングス(HD、仙台市)と東北銀行(盛岡市)が7月2日に経営統合に向けて基本合意を発表した。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース