佐竹知事、年末年始の帰省自粛求めず 「気を緩めず注意を」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 佐竹敬久・秋田県知事は23日、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大が懸念されるとして、年末年始に向けて感染防止対策を徹底するよう県民に呼び掛けた。帰省や旅行に伴う県外との往来の自粛は要請しない。県の新型コロナ対策本部会議後の記者会見で語った。

 帰省や旅行、忘新年会によって人の流れが活発になり、感染リスクが高まるおそれがあると指摘。「気を緩めることなく注意をお願いする」と語った。大阪府でオミクロン株の市中感染が報告されたことを受け、「全国への感染拡大が危惧される」と述べた。

秋田の最新ニュース