「駅弁味の陣」花善2商品が受賞 「鶏めしいなり」高評価

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
駅弁味の陣で10周年記念賞に輝いた「鶏めし弁当」=花善提供
駅弁味の陣で10周年記念賞に輝いた「鶏めし弁当」=花善提供

 JR東日本の駅弁コンテスト「駅弁味の陣2021」で、秋田県大館市の花善(八木橋秀一社長)の2商品が賞を受けた。歴代上位商品の中で最多得票の「10周年記念賞」に「鶏めし弁当」、地域別で総合評価1位のエリア賞(北東北部門)に「3種の鶏めしいなり」が輝いた。

 10回目の今年は、1都14県の67点が出品。10~11月に購入者に配った投票チケットと公式サイトから計3万6454票が集まった。得票数に味覚や盛り付け、掛け紙の各評価を合わせて、総合評価1位の「駅弁大将軍」などを今月決定。10周年記念賞には、過去に駅弁大将軍と総合評価2位「駅弁副将軍」を受賞した16点がエントリーし、得票数を競った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース