「16億円分配に必要」 秋田市の男性、10万円詐欺被害

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 秋田中央署は17日、秋田市の70代男性が特殊詐欺に遭い、電子マネー利用権約10万円分をだまし取られたと発表した。

 署によると11月中旬ごろ、男性のスマートフォンにメールが届き、リンク先のサイトを見たところ「会社で保有している16億円を6人に分配する」「手続きのため3万円分のポイントを購入してほしい」などと指示された。男性は12月16日までの間、市内のコンビニで複数回にわたり計約10万円分の電子マネーを購入し、利用に必要な番号を画面に入力した。男性の娘が17日に警察へ相談し、被害が発覚した。

 署は、高額なお金の受け取りを名目に電子マネーの購入を要求するメールや電話は特殊詐欺の手口として「1人で判断せずに警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

秋田の最新ニュース