新あきたよもやま:秋田美人誕生(10・完)知られたる秋田美人

有料会員向け記事

令和の秋田美人は


令和3(2021)年1月、「秋田美人」という言葉について問題提起する記事が秋田魁新報に掲載された。きっかけは「秋田観光レディー」が登場するポスターを県内在住の男性が「『秋田美人』もうやめない?」とパロディにしたことであった。記事の中で、外見の良しあしで女性をランク付けするような価値観が「秋田美人」という言葉に隠されていないか、といった議論がなされた。

今から約120年前、鉄道と共に川反芸者を指す言葉として世に広まった秋田美人。その対象が花柳界から一般の女性へと移ってからすでに60年以上経つ。ジェンダーや個性の多様性が重視される現在、言葉の存在意義が問われるのは当然だろう。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース