「大曲の綱引き」2年ぶり開催へ 今年はコロナ禍で中止

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
大勢の地域住民らが参加した「大曲の綱引き」=2020年2月15日、大仙市
大勢の地域住民らが参加した「大曲の綱引き」=2020年2月15日、大仙市

 毎年2月に行う秋田県大仙市の小正月行事「大曲の綱引き」(県指定無形民俗文化財)が来年2月19日、2年ぶりに行われることになった。行事を運営する大曲綱引委員会(藤田茂治委員長)が14日夜の会議で決めた。

 今年は新型コロナウイルス禍を受け、綱の引き合いは行わずに神事のみ実施した。感染状況が落ち着いていることから、来年は対策を徹底した上で綱引きも行うことにした。綱を例年より細くし、少人数での引き合いとするなどの感染対策をとる。今後市内で感染者が増加した場合は、中止を検討する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース