能代の中学生金賞、こども絵画コンクール ルーブルに展示へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金賞に選ばれた河野さんの作品「描く時間」
金賞に選ばれた河野さんの作品「描く時間」

 幼児から中学生まで全国から6万5千点余りの応募があった「第44回こども絵画コンクール」(住友生命主催)で、秋田県能代市の河野華子さん(13)=能代一中1年=が中学生の部の金賞を受賞した。河野さんの作品を含む特別賞、金賞、銀賞の計105点は来年3月18日から4月4日までの予定でフランスのルーブル美術館に展示される。

 コンクールのテーマは「ねえねえきいて! うれしかったこと」。4歳から同市の美術教室「森のおと」に通っている河野さんは、教室のほかの生徒とともに応募した。自宅の座敷で一人で集中して絵を描いている姿の写真を家族に撮ってもらい、それを基に1日半で描き上げた。作品名は「描く時間」。

秋田の最新ニュース