ハタハタ「本隊」接岸か 八森、岩館漁港で計4・8トン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大量の季節ハタハタを選別する漁師ら=11日午後2時ごろ、八峰町の八森漁港
大量の季節ハタハタを選別する漁師ら=11日午後2時ごろ、八峰町の八森漁港

 秋田県八峰町の八森、岩館両漁港で11日、季節ハタハタ計4・8トンが水揚げされた。今季初の本隊接岸とみられる。管轄する県漁業協同組合北部支所は「沖合の漁も本格化しており、群れの本隊が来たと言っていいのではないか」としている。

 この日、八森漁港では漁船17隻が出漁し、定置網や刺し網でハタハタを複数回水揚げ。約3・8トンが取れた。岩館漁港では約1トンが水揚げされた。

ルポ・季節ハタハタ一覧はこちら

秋田の最新ニュース