外旭川まちづくり、居住施設の提案も容認 公募条件見直しへ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市議会は8日、一般質問が行われ、穂積志市長は外旭川地区の新たなまちづくり構想について、事業パートナー候補の民間事業者から開発のアイデアを公募する際、住宅など居住施設を含めた提案も容認する考えを示した。

 市はこれまで、コンパクトシティーを目指す市全体のまちづくりに反するとして、外旭川構想では高齢者の生活拠点となるCCRCといった新たな居住施設の提案を認めない方針を示していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 597 文字 / 残り 406 文字)

秋田の最新ニュース