下水中のオミクロン株を検出へ 塩野義、早期把握に貢献

お気に入りに登録

 塩野義製薬は7日、下水の中の新型コロナウイルスを検査し、流行状況をモニタリングするサービスで、オミクロン株を含む変異株を検出できるようにしたと発表した。今年6月から全国の自治体向けにサービスを始めており、変異株の流行を下水の検査で早期に把握して対策に役立てる。

 北海道大と開発した手法で新型コロナ感染者のふん便に由来する下水中のウイルスを解析する。新変異株のオミクロン株に加えて、既存のアルファ株やデルタ株も検出できる。