【ルポ季節ハタハタ(にかほ)】今年一番の大漁「やっと会えた」

会員向け記事
お気に入りに登録

金浦漁港に積み上げられたハタハタが入ったかご=7日午後4時半ごろ

【本荘支局にかほ市駐在・川村巴】こんなに大量のハタハタを間近で見たのは、初めてだ。7日夕、秋田県にかほ市の金浦漁港は、沖合の底引き網漁で取れたハタハタが水揚げされ、漁師らの活気で沸き返った。

県漁協南部支所によると、にかほ市と由利本荘市の沖合でこの日取れたのは10トン以上。今年一番の大漁だ。

金浦漁港に所属する底引き網漁船「第五栄徳丸」(14トン)はこの日、午前5時ごろ出漁。ハタハタをいっぱいに詰め込んで午後2時半に帰港すると、夜の競りに向け、漁師やその家族、友人らが選別や箱詰め作業に追われた。


「ルポ季節ハタハタ」一覧はこちら

秋田の最新ニュース