時代を語る・関登美子(35)人との出会いが財産

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
町内の米国人ALT(外国語指導助手)と談笑(右)
町内の米国人ALT(外国語指導助手)と談笑(右)

 三種町の図書ボランティアグループ「はみんぐ」の一員として、町内の小学校で定期的に読み聞かせをしています。一度は教師の夢を抱いた身として、どんな形であれ子どもたちと接することができ、「成長の一ページ」に関われることに喜びを感じています。

 この年になり、改めて思うのは、人とのつながりが人生の支えになってきたということ。多くの人と接し、その言葉や経験に刺激を受け、励まされ、前に進むことができた。どんなにデジタル化が進んでも、人との出会いが人生を豊かにする上で欠かせないと思うんです。コロナ禍で、そうした機会が減ったのは本当に残念です。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース