【ルポ季節ハタハタ(男鹿)】そろそろ本隊くるぜ…漁師の勘だ

会員向け記事
お気に入りに登録

【男鹿支局長・藤原剣】秋田県男鹿市の北浦地区では季節ハタハタの初漁があった4日以降、漁師たちは「本隊」と呼ばれる魚群の到来を待ちわびている。だが、北浦地区では各船とも数十㌔程度の漁獲にとどまっていて、本格的な漁にはまだ至っていない。

季節ハタハタの水揚げは、「先発隊」と呼ばれる魚群と「本隊」と呼ばれる魚群の2段階に分かれる(その違いについては昨年12月の記事「ルポ季節ハタハタ」接岸って何?に詳しい)。

昨日5日、北浦の漁師たちは午後8時すぎから夜の漁に出掛けていたが、期待するほどの漁獲量はなかった。

北浦地区ではライトで照らしながら夜も季節ハタハタ漁が続く=5日午後8時半ごろ、相川漁港付近

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 634 文字 / 残り 384 文字)

秋田の最新ニュース