仕事のゲンバ:溶接士(秋田市) 生活を支える職人技

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 複数の金属材料の一部に熱を加え、溶かして接合する溶接士。輸送機や重電機、ボイラーなどの機械から、ビル、橋、ダムといった鉄骨構造物まで、対象は幅広い。日本のものづくりを支える仕事の一つだ。

日本精機の工場で溶接作業を行う渡辺さん

 秋田市川尻町にある日本精機の工場。生産技術部の溶接士渡辺智明さん(40)はこの日、天然ガスから不純物を取り除く装置(ガスフィルター)を製造していた。完成品は西日本のエネルギー関連企業に納品するという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2339 文字 / 残り 2144 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース