【ルポ季節ハタハタ(男鹿)】初漁7キロ「これからが本番だぞ!」

会員向け記事
お気に入りに登録

【男鹿支局長・藤原剣】「いくらかあったみたいだな」。4日午前8時10分ごろ、漁師の言葉に猫背の私もピーンと背筋が伸びた。

いつものように秋田県男鹿市の北浦漁港に到着。ハタハタを取る漁師たちはまだ海の上。帰港を待つ間、漁港にいる漁師に「きょうはどんな感じなんでしょうね」と聞くと、いつもとは違う答えが返ってきた。漁師たちのネットワークで、漁の状況はたちまちあちらこちらへ伝わるものらしい。

初漁となったハタハタの状態を確認する漁師=4日午前8時25分ごろ、男鹿市の北浦漁港


漁船が港に戻ってきた。10人以上の漁師が待ち構える。かご一つ分の季節ハタハタが見える。「初漁ですよね、おめでとうございます!」と声を掛けると「なんもめでたくね!」と返ってきたが、表情はどこかうれしそうだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 707 文字 / 残り 413 文字)

秋田の最新ニュース