東京ドームにブラバン演奏響く TDK後押し、応援合戦復活

会員向け記事
お気に入りに登録

 東京ドームで3日に行われた都市対抗野球大会第6日、TDK(にかほ市)は1回戦で西部ガス(福岡市)に5―4で逆転勝ちし、2013年以来の白星を挙げた。TDKのスタンドには選手を応援する多くの関係者の姿が見られた。新型コロナウイルスの影響で、昨年は禁止されていた応援合戦が今年復活。ブラスバンドの音色が球場内に響き渡り、勝利を後押しした。

2年ぶりの応援合戦で、熱のこもった演奏を繰り広げたTDKのブラスバンド=東京ドーム


 32人のブラバンの指揮を執ったのは元TDK社員で、にかほ市平沢の佐藤倉太郎さん(78)。都市対抗が後楽園球場で開催されていた時代から携わるベテランだ。自ら作曲したオリジナル楽曲「ドリームインTDK」などを披露した。

 応援合戦が禁止だった昨年は現地に行かず、画面越しにもどかしい思いで試合を見守ったという。8年ぶりの1回戦突破に「1試合でも多く勝ち上がってもらいたい」と喜んだ。

秋田の最新ニュース