客室乗務員、秋田駅で“おもてなし” 本県観光をPR

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
観光案内チラシや記念品の入った袋を乗客に手渡すCA(右)
観光案内チラシや記念品の入った袋を乗客に手渡すCA(右)

 航空会社の客室乗務員(CA)らが3日、JR秋田駅で秋田新幹線こまちの利用者などに本県観光をPRした。日頃は空港にいるCAが駅で観光客らを迎えることで普段とは違うおもてなしの雰囲気を楽しんでもらう狙い。JR秋田支社、日本航空秋田支店、全日本空輸秋田支店、びゅうトラベルサービスが県内観光を盛り上げようと共同で企画した。

秋田の最新ニュース