六郷のカマクラ、来年も竹うち中止 「やるなら従来の形で」

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
青竹で激しく打ち合う男衆=2019年2月15日、美郷町六郷
青竹で激しく打ち合う男衆=2019年2月15日、美郷町六郷

 秋田県美郷町の六郷カマクラ保存会は2日、小正月行事「六郷のカマクラ」(毎年2月11~15日)の最終日に行う名物「竹うち」について、来年は新型コロナウイルスの感染防止のため中止することを決めた。昨年は雪不足、今年はコロナのため中止しており、中止は3年連続。

 六郷のカマクラは国重要無形民俗文化財に指定されている。竹うちは毎年2月15日、六郷地域の住民が旧羽州街道を境に北軍と南軍に分かれ、長さ約8メートルの青竹で打ち合って勝敗を争う。記録が残る1955年以降、竹うちが3年連続で中止となるのは初めて。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース