時代を語る・関登美子(29)友川さんは同郷同志

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
友人と友川さんのライブを追っ掛け(右から4人目)=平成28(2016)年12月、沖縄
友人と友川さんのライブを追っ掛け(右から4人目)=平成28(2016)年12月、沖縄

 三種町の温泉施設「ゆめろん」のレストランに、信楽焼の大きなウサギの絵が飾られています。原画は友川カズキ(本名・及位典司=のぞきてんじ=)さんの作品。多彩な創作活動について、私が当時の町長に紹介したのもきっかけの一つとなり、設置が決まったの。友川さんは中学の先輩。同郷の同志という気持ちで付き合ってきました。普段は「典司さん」と呼ばせてもらってます。

 昭和47(1972)年6月、天井桟敷の「邪宗門」公演で青森市を訪れ、中学以来約10年ぶりに再会した。大館市出身の昭和精吾さんから青森公演があると誘われ、来たそうです。この時はあいさつしかできなかった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 784 文字 / 残り 508 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース