イージス断念、年内にも住民説明会 新型コロナ理由に未開催

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧秋田空港跡地の上空から小型無人機ドローンで撮影した新屋演習場。画面奥に秋田市の市街地が広がる=2019年1月
旧秋田空港跡地の上空から小型無人機ドローンで撮影した新屋演習場。画面奥に秋田市の市街地が広がる=2019年1月

 防衛省は、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念について、候補地だった秋田市での地元住民への説明会を年内に開く方針を固めた。2020年6月の河野太郎前防衛相の表明後、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に開催されていなかった。地元と日程調整を進めている。政府関係者が30日、明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 645 文字 / 残り 491 文字)

秋田の最新ニュース