物損事故起こし立ち去る 男鹿地区消防本部、消防士停職処分

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県男鹿地区消防本部は30日、自家用車を運転中に物損事故を起こし警察へ届け出なかったなどとして、男鹿地区消防署東分署の20代男性消防士を同日付で停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。管理監督責任を問い、東分署長を訓告、男鹿地区消防署長を厳重注意とした。男性消防士は同日付で依願退職した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 339 文字 / 残り 194 文字)

秋田の最新ニュース