白神の入山規制見直し求める 仙台の市民団体

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県自然保護課に提案書を提出する佐藤代表(右)
県自然保護課に提案書を提出する佐藤代表(右)

 東北地方の環境保護に取り組む仙台市の市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」(佐藤昌明代表)は29日、秋田県と青森県にまたがる世界自然遺産・白神山地に関し、秋田県側から核心地域への入山規制を見直すよう求める提案書を県自然保護課と東北森林管理局に提出した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 527 文字 / 残り 400 文字)

秋田の最新ニュース