ショート男子、混合リレー五輪へ W杯第4戦、女子は逃す

お気に入りに登録

 スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪予選を兼ねたワールドカップ(W杯)第4戦最終日は28日、オランダのドルドレヒトで行われ、日本は男子5000mリレーと混合2000mリレーで五輪出場権を獲得し、女子3000mリレーで出場権を逃す見通しとなった。

 五輪出場権は今季のW杯全4戦の成績で決まり、開催国の中国を含めて男女リレーで8チーム、混合リレーで12チームに与えられる。

 同日の男子リレーで菊池耕太、菊池哲平、渡辺啓太、吉永一貴の日本は順位決定戦2着で6位となった。混合リレーの日本は10位。