ジュノンボーイ、横手の高校生・齋藤璃佑さんがグランプリ

会員向け記事
お気に入りに登録

 若手俳優の登竜門「第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、横手市の高校2年、齋藤璃佑(りゅう)さん(17)が最高賞のグランプリに輝いた。

コンテストの最終選考会で自己アピールする齋藤さん((C)第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト、近藤宏一撮影/主婦と生活社提供)


 コンテストには全国の1万6622人が応募。書類選考や人気投票を経て、齋藤さんを含むファイナリスト15人が今月21日に都内で行われた最終選考会に臨んだ。

 90秒間の自己アピールで、齋藤さんは声でパーカッションなどに似た音を出すヒューマンビートボックスのほか、フリースタイルバスケットボール、ダンスを披露。ゲスト審査員を務めたタレントの朝日奈央さんに思いを告げる「告白審査」も行われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 469 文字 / 残り 203 文字)

秋田の最新ニュース