時代を語る・関登美子(27)違和感覚え桟敷退団

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「正気と狂気の間で生きている」などと記された海外公演用の紹介プロフィル
「正気と狂気の間で生きている」などと記された海外公演用の紹介プロフィル

 天井桟敷の舞台出演は昭和49(1974)年7月、法政大で上演された「盲人書簡 上海篇」が最後だったと記憶しています。

 その後は少しずつ距離を置くようになった。きっかけの一つは市街劇のワークショップ。街中の日常を非日常の劇的空間に広げるといった趣旨で、屋外での活動が増え、お芝居の方向性が変わり始めたと感じたの。作品の内容もエンターテインメントというより、なんだか観念的で難しくなった印象を持った。それまで抱いてきた桟敷の世界観との間に差が生まれ、肌に合わなくなってきた。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース