ブラウブリッツ、東京Vに完敗 ホーム最終戦、白星飾れず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 サッカー明治安田J2(22チーム)は28日、各地で第41節の11試合を行った。ブラウブリッツ秋田は秋田市のソユースタジアムでのホーム最終戦で、東京Vに1―4で完敗し3連敗を喫した。マッチスポンサーはTDK。通算11勝14分け16敗、勝ち点47で13位は変わらない。京都が千葉と引き分けて2位を確保し、J1昇格が決定。昇格を決めていた磐田は群馬と引き分け優勝を果たした。また愛媛、松本のJ3降格が確定した。

 秋田は次節、12月5日午後1時から静岡県磐田市のヤマハスタジアムで磐田との今季最終戦に臨む。

東京V 4―1 秋田
   (2―1)
   (2―0)

 秋田は中盤から圧力をかけ球際の強さをみせたが、巧みな連係でかわした東京Vに4得点を許した。

 前半14分、相手CKからペナルティーエリア手前のミドルシュート、続くこぼれ球に詰めたシュートをはじいたが、3度目のシュートで先制された。36分にもクリアをブロックされた流れで追加点を許した。41分、敵陣左サイドでFKを得ると、MF江口が蹴り込んだボールが密集をすり抜けてゴールに入った。後半は、オウンゴールとパスミスからの失点で2点を奪われた。

 東京Vはゴール前の多彩な攻撃から大量点を挙げた。

秋田の最新ニュース