「森の保健室」に笑い声再び 1年8カ月ぶりにイベント

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
森の保健室内に立つ小野室長(右)と伊藤院長
森の保健室内に立つ小野室長(右)と伊藤院長

 秋田県由利本荘市中田代の「あきた森の保健室」に再び笑い声が戻ってきた。病気や介護に関する相談に乗り、地域住民の憩いの場として2017年にオープンした森の保健室。新型コロナウイルスの影響で1年半余りイベントは開催できずにいたが、感染状況が落ち着きつつある今、保健室を舞台にした人々の交流が、再び動き始めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1012 文字 / 残り 859 文字)

秋田の最新ニュース