時代を語る・関登美子(26)おにぎりに思わず涙

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
天井桟敷の団員を紹介する海外公演用チラシ(手前右)
天井桟敷の団員を紹介する海外公演用チラシ(手前右)

 昭和48(1973)年10月下旬、約2カ月のヨーロッパ公演を終え、帰国のためパリに出ました。ところがスタッフが航空券の予約を忘れ、1週間ほど足止めされたんです。

 諦めて宿を取り、みんなで食事に行った。そこで意気投合したのが、現地の建築家や弁護士の一行。なぜか東京の人口の話になり、私は1千万人を超えている確信があったから、ペーパーナプキンに「1000」と書いた。ところが彼らは「トミコ、今日はワインを飲み過ぎたようだ」とゼロを一つ消したの。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 796 文字 / 残り 575 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース