優しい姿に再び会える 今春死んだゾウ「だいすけ」絵画に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
動物園に展示された「月象」と小山内さん
動物園に展示された「月象」と小山内さん

 秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)で今春死んだアフリカゾウ「だいすけ」を描いた絵画を、同市の画家小山内愛美さん(33)が動物園に寄贈した。来園者に長年親しまれただいすけの優しさあふれる姿を表現した作品。園内のビジターセンターに常設展示する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 737 文字 / 残り 611 文字)

秋田の最新ニュース