【ルポ季節ハタハタ(男鹿)】「期待はそんなに」つれない漁師

会員向け記事
お気に入りに登録

【男鹿支局長・藤原剣】27日午前8時40分ごろ、1隻の漁船が秋田県男鹿市の船川港に戻ってきた。

網を確認し、港に戻ってくる漁船=午前8時40分ごろ、男鹿市の船川港


船を岸壁に係留した漁師が「初漁だー」と声を上げながら魚の入ったかごを台に置いた。

「おおっ」とカメラを向けたが、中にはヒラメやスズキ、ソイなどがちらほら見えるだけ。「ハタハタの姿は見当たりませんでした!」と漁師の声は明るいが、どこか残念そうでもある。

「初漁」の意味はよくわからなかったが、この船が定置網の様子を確認しに行ったのはきょうが初めて。そこにかかった魚だから「初漁」ということなのだろうか。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 522 文字 / 残り 277 文字)

秋田の最新ニュース