燃料費助成を追加提案へ、大仙市 「独自の支援策を検討」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市議会は26日、12月定例会を開会した。一般会計補正予算案2件を含む議案14件を提出。このうち、新型コロナウイルスの経済対策を盛り込んだ一般会計補正予算案など10件を可決した。会期は12月16日まで。

 老松博行市長は行政報告で、原油価格の高騰に伴うガソリンや灯油の値上げに触れ「市民生活への影響が懸念されることを受け、市独自の支援策を検討している」と説明。低所得者を対象とする助成事業費を盛り込んだ補正予算案を追加提案する考えを示した。

秋田の最新ニュース