時代を語る・関登美子(25)根の優しい人に触れ

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「盲人書簡」の一場面(中央)=昭和48年9月、アムステルダム・ミクリシアター
「盲人書簡」の一場面(中央)=昭和48年9月、アムステルダム・ミクリシアター

 天井桟敷の海外公演は昭和48(1973)年も9月から約2カ月間行われました。「盲人書簡」という作品で、オランダやポーランドを訪れたんです。

 〈「盲人書簡」は、真っ暗な劇場で展開される実験的趣向に富んだ作品。観客は想像力を働かせ、せりふや動きで役者を感じるとともに、配られたマッチを擦って観劇する〉

お気に入りに登録
シェアする

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース