由利本荘市の中学校長がパワハラ、セクハラ 停職6カ月に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁第二庁舎(資料写真)
秋田県庁第二庁舎(資料写真)

 秋田県教育委員会は25日、教職員にパワハラやセクハラをして職場環境を著しく悪化させたとして、由利本荘市の中学校の50代男性校長を停職6カ月の懲戒処分とした。

 県教育庁義務教育課によると、校長は今年4月に同校に着任。4月から9月にかけ、教職員に職員会議などで過度に厳しく叱責した。一部の教職員には休日に校長の自宅のパソコンの設定を頼むなど、業務に関係の無い用事を依頼した。

 このほか肩や頭を小突くなどの不必要な身体接触や、女性教員には「かわいい」「アイラブ○○(教職員の名前)」と声を掛けるなど、不適切な言動があったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 529 文字 / 残り 267 文字)

秋田の最新ニュース