目指すは身近なヒーロー にかほの3人制バスケ、活動本格化

有料会員向け記事
お気に入りに登録

秋田スティーラーズの(右から)佐藤さん、亀山さん、今泉選手、佐々木選手

 「スポーツの力で秋田を盛り上げよう」―。にかほ市に拠点を置く3人制バスケットボールのプロチーム「秋田スティーラーズ」が、地域貢献活動を本格化させている。チームを運営する亀山星華代表(26)と市地域おこし協力隊の佐藤柚羽さん(21)は、競技の認知度向上を目指して選手とともに奮闘する。

 3人制バスケは「3×3(スリーエックススリー)」と呼ばれ、5人制コートの約半分を使用する。東京五輪の新種目に採用され、注目を集めた。

 スティーラーズは亀山さんが中心となり昨年立ち上げた。当初は能代市を拠点に活動していたが、後に亀山さんの出身地であるにかほ市に拠点を移した。現在はプロリーグ「3×3.EXE PREMIER(スリーエックススリードットエグゼ・プレミア)」ノーザンアイランド地区に所属する。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1661 文字 / 残り 1317 文字)

同じジャンルのニュース