ヤクルト石川が勝利、石山は好救援 日本シリーズ、秋田県勢が躍動

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2021は24日、東京ドームで第4戦が行われ、ヤクルトがオリックスを2―1で下して3連勝を飾り、20年ぶり6度目の日本一まであと1勝とした。

 ヤクルトは1―1の六回にオスナ内野手(28)の適時打で勝ち越し。石川雅規投手(41)=秋田商高―青山学院大出=は6回1失点で日本シリーズ史上2人目となる40代での勝利を挙げた。救援の石山泰稚投手(33)=金足農高―東北福祉大出―ヤマハ=は1回無失点。秋田県勢が勝利に貢献した。

 25日に東京ドームで第5戦が行われ、決着がつかなければ第6、7戦は神戸市のほっともっとフィールド神戸で開催される。

秋田の最新ニュース