忠犬ハチ公像に雪積もる 県内、荒れた天気に【動画】

お気に入りに登録

 秋田県内は24日、冬型の気圧配置や上空の寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定となり、各地で天気が荒れた。県北部や県南部の山沿い、内陸では雪が降った。

 秋田地方気象台によると、日本付近は冬型の気圧配置に加えて東北地方の上空約5500メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。

うっすらと雪が積もったハチ公銅像=24日午前8時20分ごろ、大館市の「秋田犬の里」前


 午前8時20分ごろ、大館市のJR大館駅前にある観光交流施設・秋田犬の里では、正面出入り口前にあるハチ公銅像にうっすらと雪が積もっていた。

 秋田市では、気象台敷地内の機器で初雪が観測されなかった。

 冬型の気圧配置は26日まで続き、断続的に雨が降る見込み。山沿いでは雪が降り、平地でも雪が積もる可能性があるため、気象台は積雪や路面凍結による交通障害に注意を呼び掛けている。

 秋田地方気象台によると、冬型の気圧配置が強まった影響で、24日の県内は大気の状態が不安定となり、各地で雨や雪が降っている。

秋田の最新ニュース