秋田商、初戦は東福岡 全国高校サッカー

 第100回全国高校サッカー選手権(12月28日~来年1月10日)の組み合わせ抽選会が15日、オンラインで行われた。秋田県代表で2大会ぶり46度目出場の秋田商は12月29日午後2時10分から、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場での1回戦で2大会連続22度目出場の東福岡(福岡)と対戦することが決まった。

 秋田商は明桜との県予選決勝で、1―1からのPK戦を10―9で制し、全国切符を手にした。縦への速さに加えて、つないで崩す力も兼ね備える。鋭いドリブルなど仕掛けが持ち味のMF近野宙安(3年)ら前線がどう得点できるかが鍵になる。ハードワークと「赤い壁」と称される伝統の堅守の健在ぶりを全国の舞台で示したい。

 東福岡は3度の全国優勝を誇る伝統校で、日本代表のDF長友佑都らを輩出。高校年代最高峰のプレミアリーグウエスト(10チーム)でJクラブの下部組織などとしのぎを削る。激戦区の福岡県大会決勝では、今夏の全国高校総体(インターハイ)16強の飯塚を延長戦で下し、出場権をつかんだ。

 大会は首都圏9会場で行い、12月28日に東京・国立競技場で開会式を実施。選手宣誓は高川学園(山口)の奥野奨太主将(3年)が務める。開幕カードは関東第一(東京B)―中津東(大分)。秋田商OBの長谷川大監督(秋田市雄和出身)が率いる前回優勝の山梨学院は、初戦の2回戦で佐賀東(佐賀)と対戦する。

 国立競技場の使用は2013年度の第92回大会以来8大会ぶりで、改築後は初。開幕カード、準決勝(来年1月8日)、決勝(同10日)の4試合を実施する。来月5日に茨城代表が決まり、全48校が出そろう。

秋田商・小林克監督:積極性と責任感持ち戦う
 相手は強さ、うまさが全国トップクラスで、かつ隙のない実力校。対戦相手が決まりやることは明確になった。急に上達はしないが、選手には積極性と責任感を持って相手ゴールへ迫る心構えを持たせたい。

秋田商・中野宏宣主将:挑戦者として立ち向かう
 伝統があり、強い相手と全国大会で対戦できてうれしい。戦い、走り、守るというチームのコンセプトを貫きチャレンジャーとして立ち向かう。粘り強く食らい付きたい。3大会前の8強以上を目指す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース