教育2021:不登校(上)子も親も悩みそれぞれ 孤立しない居場所を

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 不登校の子どもが全国的に増えている。県内では昨年度、小中学校合わせて1064人と過去10年で最多となった。子どもも保護者もそれぞれ悩みを抱え、置かれている状況もさまざまだ。不登校の子どもをいかに孤立させず、居場所づくりを進めるか。3回にわたって考える。

 ◇  ◇

 「息子と同い年くらいの子が元気に学校に通っている姿を見ると、すごくつらくなる時期があった」。県北の50代女性が語る。

 高校3年の長男(18)と、中学2年の次男(13)は5年ほど前から学校に通いづらくなった。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース