教育2021:大潟中、デジタル端末持ち帰り 家庭学習にソフト活用

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
自宅で端末を使い、計算問題を解く池田さん(画像を一部加工)
自宅で端末を使い、計算問題を解く池田さん(画像を一部加工)

 教育現場が本格的に情報通信技術(ICT)活用に取り組み始めた今年は「ICT元年」と呼ばれる。ただ7月の国の調査によると、県内の小中学校で普段からデジタル端末を自宅に持ち帰っているのは大潟村の大潟中学校のみだった。端末はどのように活用されているのだろうか。

 高校受験を控える大潟中3年の池田粋己(すいな)さん(14)は6月に端末の持ち帰りが始まって以降、端末上の学習ソフトを自宅での勉強に活用している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース