新あきたよもやま:秋田美人誕生(4)~川反花街が“全国区”に

有料会員向け記事
お気に入りに登録

『秋田花模様』より川反5丁目の料理屋・魚金の広告写真。軍人らしき人物の姿がある。


栄える花街、廃れる遊廓


歩兵第十七連隊の移駐によって、川反はいよいよ本格的な紅灯の町となった。
大正11年6月26日の秋田魁新報の連載記事『川端日記』には芸者置屋・吉田屋の主人・梅子のこんな回顧録が載っている。

「私どもの舞妓時代は14、5人も居りましたでせうが、あまり若い20代の芸者は客席に出ることは少なうございましたが、ちょうど軍隊の兵営が出来てから若い芸者が多く出るようになり、今日にいたっております」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 3100 文字 / 残り 2898 文字)

秋田の最新ニュース