秋田内陸線・沿線の秋(1)大又川橋梁 透き通る川を越えて

有料会員向け記事

 北秋田市と仙北市を鉄路で結ぶ秋田内陸線。車窓を流れる景色の中から、運転士がお薦めする秋の風景を紹介する。5回続き。

紅葉が見頃を迎えた大又川橋梁を走る秋田内陸線の車両=10月30日、小型無人機で撮影

 萱草駅から笑内駅に向かって木々の間を運転していると一気に視界が開けます。阿仁川の水がきれいで、魚まで見えます。その景色にお客さまから拍手が起きることも。「撮り鉄」が多く集まるスポットでもあり、徐行運転しているとカメラマンがこちらに向かって手を振ってくれます。運転している自分まで楽しくなる瞬間です。通年素晴らしい景色ですが、個人的には鮮やかな秋が一番だと思います。

お気に入りに登録
シェアする

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース