はじめての家庭菜園:ラッカセイの収穫 風通し良い日陰で乾燥

有料会員向け記事

掘り出されたラッカセイ。長く伸びる「子房柄(しぼうへい)」の先が膨らみ実がなっている

 ラッカセイの種子をまいて約5カ月がたった。収穫の合図とされる葉が枯れ始めたのを確認し、先週末、試しに1株を掘ってみた。

 県立大生物資源科学部の櫻井健二准教授によると、収穫のこつは、シャベルなどで株の周りを少し掘り起こすこと。一気に引き抜くと、さやが外れて土中に残ってしまう可能性があるためだという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース