あきた衆院選・激戦を終えて(下)立民、2区で議席獲得 野党共闘、効果も課題も

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田駅前で鉢合わせた選挙カー=先月19日
JR秋田駅前で鉢合わせた選挙カー=先月19日

 「1対1で戦えたことが大きかった」。衆院選投開票日の先月31日夜、秋田2区の緑川貴士氏(36)=立憲民主党=の勝利で沸き返る選挙事務所で、立民県連幹部が語った。法相や予算委員長を務めた金田勝年氏(72)=自民党=に競り勝った要因として挙げたのが、野党候補の一本化だ。

 共産は1、2区、立民は3区で擁立を見送り、小選挙区制になった1996年以降、初めて全3選挙区で与野党一騎打ちの構図となった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース