あきた衆院選・激戦を終えて(上)自民、選挙区独占ならず 組織戦、集票に陰りも

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
比例東北での復活当選が決まり、支持者に感謝を伝える金田勝年氏(左)=1日午前2時18分、能代市中和の選挙事務所
比例東北での復活当選が決まり、支持者に感謝を伝える金田勝年氏(左)=1日午前2時18分、能代市中和の選挙事務所

 衆院選(10月31日投開票)の県内3小選挙区は自民党が秋田1、3区で勝利を収めた一方、2区では立憲民主党が議席を獲得し、過去3回続いてきた自民の議席独占が崩れた。野党の候補者一本化により、各選挙区とも現行制度下で初の与野党一騎打ちとなった今回の選挙戦。激戦を振り返り、勝敗を分けた要因を探った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース