部活動の県外遠征を容認 県教委、感染レベル1に引き下げ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育委員会は1日、授業や部活動などの行動基準の目安となる新型コロナウイルスの感染レベルについて、文部科学省が示した3段階のうち「2」から最も低い「1」に引き下げることを県立学校と市町村教委、私立学校へ通知した。部活動ではコロナの感染対策を講じた上で、県外に遠征したり県外の学校と交流したりすることを容認する。

 県外での活動は、保護者の承諾を得るほか感染防止対策を徹底した上で行うよう求めている。宿泊を伴う活動は、他校の生徒を自校の合宿所などに泊めないことを条件に容認する。

 家庭科の調理実習や、体育での近距離で組み合う運動など、感染リスクが高い学習活動についても、対策をとった上で実施できる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース