軽乗用車とクマ衝突、けが人なし 三種町の秋田道

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 30日正午ごろ、秋田県三種町鹿渡字高石野の秋田自動車道下り線で、秋田市の60代男性が運転する軽乗用車が体長約80センチのクマとぶつかった。男性と同乗者1人にけがはなかった。

 県警高速隊によると、男性が秋田市方向から能代市方向に進行中、左側から出てきたクマとぶつかった。クマは現場付近ののり面で死んだ。

 現場は琴丘森岳インターチェンジ(IC)の南約1・5キロ。

秋田の最新ニュース