「大地の恵みを、能代から」 29日から種苗交換会【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録


 第144回秋田県種苗交換会は29日から11月4日までの7日間、能代市を会場に開かれる。同市での開催は2012年以来9年ぶり。「白神の空にとどけ!豊穣(ほうじょう)の祈り。大地の恵みを、能代から。」をキャッチフレーズに、談話会や農産物の出品展示など多彩な催しが行われる。

「白神ねぎ」の収穫に追われる農家=10月中旬、能代市朴瀬(ほのきせ)地区の畑


 初日の29日は、午前8時45分から主会場の能代市総合体育館でオープニングセレモニーを開く。同10時半からは能代市文化会館で新穀感謝農民祭と開会式を行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 649 文字 / 残り 437 文字)

秋田の最新ニュース