「夜の街に出る効果大きい」 湯沢市長、職員に呼び掛けへ

お気に入りに登録

 秋田県湯沢市の佐藤一夫市長は26日、コロナ禍で売り上げが落ち込んでいる市内の飲食店の支援を目的に、積極的に店舗を利用するよう市職員に働き掛ける意向を示した。同日の定例記者会見で述べた。

 佐藤市長は、感染拡大が現在は落ち着いている状況との見方を示して「市職員が夜の街に出る効果は大きいと考えている」と語り、忘新年会シーズンを待たずに飲食店を利用してもらいたいとした。

 会見では前日25日の幹部職員対象の会議で、感染拡大に伴い自粛していた歓送迎会を開催するよう呼び掛けたことも明かした。

秋田の最新ニュース