秋田の食:なた漬け 甘みと素朴な味わい

有料会員向け記事
お気に入りに登録

県内全域で親しまれている「なた漬け」。右は昔ながらの製法、左は下漬け不要な作り方で漬けた

 本県では古くから発酵文化が根付き、漬物作りが盛んに行われています。特に晩秋から冬にかけて旬を迎えるダイコンは、たくあんやいぶりがっこ、柿漬けなどさまざまな漬物に加工されています。今回は「なた漬け」の作り方を紹介します。

 なた漬けは、県内全域で親しまれています。ダイコンを塩と甘酒で漬けるのが昔ながらの作り方。ほのかな甘みと素朴な味わいが特徴です。ダイコンを切る際、刃物の「なた」を使うことから、こう呼ばれるようになったとされています。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1761 文字 / 残り 1543 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース